トイレつまりやガラス交換など家の中で必要な修理

違いを比べる

ドライバーを持つ

家を増改築することをリフォームするといっていましたが、最近では、リノベーションという言葉を使うことが増えています。リフォームとリノベーションの違いはどこにあるのでしょう。リフォームは住宅の増改築,内部の改装を意味し、老朽化した設備を変えたり、内装や外装をやり直して、新築時に近い状態に戻すことを指します。一方で、リノベーションは、建物を改装、改築することにより、用途を変更したり、機能や性能を高めてより付加価値をつける工事を指します。建物の構造部だけを残し、耐震性や耐火性を確保する事により、建物の耐久性を高めたり、家族の変化にあわせて間取りやデザインを大幅に変更して、使い勝手を向上させ、より快適で住みやすい住宅にする工事です。

新築に比べて、リノベーションのメリットは、築年数が経った中古の物件を購入すれば、新築より物件を安く手に入れる事ができます。また、自分の好み合わせ住まいを設計できるため、出来上がった新築物件を購入するより、満足度が高い住まいに住むことができます。間取りを変更して広々としたリビングを作ったり、自分オリジナルの浴室を作ったりすることもできます。希望する人気エリアで物件が見つかる確率が、新築より上がるということもメリットの一つです。しかし、リノベーションにはメリットばかりではなく、計画し始めて、物件を購入し、工事や検査を経て住み始めるまでに時間がかかることや建物の耐久性が低く、改修に思った以上にお金がかかってしまう場合があるなどデメリットも考慮することが必要です。専門家への相談が必要になる場合もあります